私にとっての山岳考察




私にとって山は、とても魅力的だ。

私は、酒、タバコ、ギャンブルはやらない。

がしかし山、特に冬山は自分の命をギャンブルのように賭けて取り組むため、とても危険である。

そのため、危険≠快感であり、中毒的になってしまう。

私は、これを山依存症と呼んでいる。

山で自分の命を守りるために、日々トレーニングに取り組んでいる。

自分の命を守ることができれば、一緒に活動する仲間も守ることができる。

そこには、俗(損得)な考え方はなく、とても純粋な自分を犠牲にしても仲間を助けるという、家族の繋がりのような関係を結ぶことができる。

私は、そこに惹かれる。