実川-大日岳-飯豊山-三国-高陽山-実川(途中撤退) 




実川集落内、公衆トイレ駐車場に車を置き実川林道を歩き出す。

途中獣の血抜きした痕を発見

沢の下を除くと獣が死んでいた。

重い冬靴で12キロを三時間ほど歩いてやっと登山口に着く。

3泊ぶんの荷物のせいか、踵に血豆と親指の付け根に豆ができる。

三時間ほど登った標高1000m地点でツエルトを張る。

翌朝、1200m地点までいくが、荷物が重すぎ滑落せずいけるか危ういと判断し撤退をきめる。

リュックが重すぎだ。

林道を冬靴で歩くのも失敗した。

林道途中のトンネルにて絶命しそうな蛾を発見する。

今頃、コウモリに食われているだろう。