サイクリスト、インタビュー




某ショッピングセンターにて怪しい自転車を発見、店から出てきたところを突撃。

日本一周中で、奈良から来たという、80歳のおじいさん。

立ち話もなんなので、店の中でコーヒーを飲みながら話を聞く。

出発して10日目、北海道に向かっているという。

電動自転車で、トレーラーにガソリン発電機を積んで、予備のバッテリーを充電しながら走行しているという変わったスタイル。

去年は、北海道だけ一周したという。

大体の峠は、バッテリーさえ稼働していれば登れるという。

自転車に乗っている時は、何を考えているか尋ねると、過去の出来事だという。

あまり、家族とは一緒に過ごさなかったという。

もう少し家族と過ごせば良かったと後悔していた。

友人もあまり作らず、一人で行動するのが好きだったようで、仕事は自営業だったようだ。

今まで何度も葬式にはでたが、死んで悲しかった人はいなかったようだ。

唯一連絡を取るのは、長女だけとの事。

先のことは、もう年なのであまり考えないと言っていた。

がしかし、来年は徒歩旅行をすると断言していた。